/

この記事は会員限定です

AI融資で少数派差別の懸念

[有料会員限定]

英金融当局は、融資審査での人工知能(AI)活用を目指す銀行に対し、マイノリティー(少数派)への差別を促さないと証明できる場合だけに利用は限られるとくぎを刺している。事情を知る関係者によると、AI導入で資金の借り手が不利益を被らないようにするための保全措置について、当局が大手銀への要求を一段と強めている。

市中銀行はAIや高度なアルゴリズムを使って融資審査の自動化を進め、郵便番号や職業など、借り手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン