/

この記事は会員限定です

熱帯雨林の未来都市 動く

インドネシア新首都「ヌサンタラ」構想

[有料会員限定]

インドネシア最大の島、ボルネオ島東海岸のセパク地区。アカシアとユーカリが地平線まで広がっているが、一帯は切り開かれ、褐色の土が見える。この場所がインドネシアの新首都「ヌサンタラ」の中心で、大統領府ができる予定だ。

ボルネオ島東カリマンタン州の同地区はいま、変貌を遂げつつある。主な住民は、ジャカルタがあり人口の70%が住むジャワ島から、1970年代の公的移住計画に従って移住してきた人々だ。多くは現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1814文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン