/

この記事は会員限定です

米国務長官「冷戦後の平和原則に危機」 安保理会合

ロシアを批判 外相会談、来週後半にも

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮、ニューヨーク=吉田圭織】ブリンケン米国務長官は17日、国連安全保障理事会の会合で演説した。ロシアがウクライナ侵攻を計画していると批判し「2つの世界大戦や冷戦を通じて築いた平和と安全保障に関する基本原則が危ぶまれている」と強調した。ウクライナ危機の外交的解決を訴えた。

米国務省は17日、ロシアのウクライナ侵攻がなければ、来週後半に米ロの外相会談を開くと明らかにした。ブリンケン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン