/

この記事は会員限定です

グーグル、「アプリ追跡」制限

広告配信、代替技術開発へ

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】スマートフォンのアプリの利用情報を外部企業が把握して、広告配信に使うことを制限する動きが広がってきた。米グーグルが関連企業と協力して代替技術を開発し、導入を目指す方針を示した。プライバシー意識の高まりに対応する狙いだが、広告業界や規制当局の支持を得ることが導入の前提となる。

16日に「プライバシーサンドボックス」と呼ぶプライバシー保護と広告の効率的な配信の両立を目指す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン