/

この記事は会員限定です

大衆百貨店、運命の落日 「一億総中流」失う

そごう・西武、セブン&アイが売却へ

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が2006年に2000億円超で買収したそごう・西武(当時はミレニアムリテイリング)。コンビニで磨き上げた経営管理手法で再生に挑んだが、セブン&アイHDから切り離されようとしている。なぜ、そごう・西武は浮上できなかったのか。そこにはニッポン社会に横たわる構造的な問題もあった。

舞台装置の1つ

「一億総中流」。1970年ごろから日本の消費社会を象徴するこの言葉。国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン