/

この記事は会員限定です

高級輸入食材が高騰 オマールエビ17%、フォアグラ6%

欧米で需要回復、調達鈍る

[有料会員限定]

西洋料理などで使う高級食材の輸入価格が上昇した。オマールエビやフォアグラなどの2021年の輸入平均単価は前の年に比べ1~2割ほど高い。欧米を中心に外食店などの需要が戻り、現地の価格が上昇した。輸送費の高騰や為替の円安も高値につながった。

国内は新型コロナウイルスの流行で婚礼需要などが減った。在庫が残っていたうえ、値上がりした価格で食品を提供しにくいとの判断から、日本の調達意欲は低かった。

値上が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン