/

この記事は会員限定です

マレリ、再建支援要請 日産・取引銀に

車部品大手 4期連続赤字公算

[有料会員限定]

自動車部品大手のマレリ(旧カルソニックカンセイ)は日産自動車や取引金融機関に在庫の買い取りや返済猶予などの支援を要請した。世界的な供給網の混乱で資金繰りが悪化し2021年12月期は4期連続で最終赤字となったもようだ。取引銀行は私的整理の一種である事業再生ADR(裁判以外の紛争解決)活用の検討を進めている。株主の米投資ファンドKKRによる追加出資や新たな事業会社との連携を含め再建策づくりを急ぐ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン