/

この記事は会員限定です

職場接種、前倒し限定的 申し込みも伸び悩む

ワクチン月内到着、会場の3分の1 人数の条件緩和後手に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンの職場での3回目接種が12日、始まった。オミクロン型の急激な感染の広がりを受けて政府が当初予定を2週間前倒しした。1日100万回の接種をめざす政府は職場接種によるペース引き上げを期待するが、肝心の接種希望者数は前回ほど集まっていない。

2月中に職場接種向けワクチンを配布できるのは3回目を実施する企業や大学の接種会場の3分の1程度にとどまる可能性もある。前倒しの効果は限ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン