/

この記事は会員限定です

金利に映る景気後退の影

[有料会員限定]

景気後退の前兆とされ、長短金利が逆転する「逆イールド」への警戒が急激に高まっている。

11日の米株式相場は下落した。ロシアのウクライナ侵攻が近いとの見方が広がり、地政学リスクの高まりから株安・債券高(金利は低下)の動きが強まった。ナスダック総合株価指数は1月の下げ幅(高値と安値の差)の半値戻しを達成できないまま、再び調整色を強めている。2021年11月19日に付けた過去最高値から57営業日、最高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1130文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン