/

この記事は会員限定です

〈透視線 フィギュア・山本さかえ〉羽生、高難度挑み伸び悩む

[有料会員限定]

男子フリーで羽生は冒頭2つのジャンプの転倒が体力的にも響いた。後半になるにつれ良くなっていったが、最後まで「あともう少し」という印象が拭えなかった。出来栄え点(GOE)で4~5点を出すジャッジがいつもほどいなかった一因だろう。

認定された4回転半ジャンプは4分の1回転不足(qマーク)くらいかと思ったら回転不足判定、続く4回転サルコーもq判定の転倒。転倒などの重大なミスが2つ以上あると、演技構成点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません