/

この記事は会員限定です

輸入品のアサリ産地偽装に波紋

熊本産出荷停止 北海道産が急騰/熊本産ハマグリも打撃

[有料会員限定]

熊本県産の生鮮アサリが8日から約2カ月の出荷停止となった。輸入アサリを熊本産と偽った大規模な産地偽装疑惑を受けた県の措置。北海道など別の国内産需要の高まりで価格が急騰する一方、県産は他の水産物が風評被害を受けつつある。

県は偽装防止に向け、食品の産地表示に関するルール変更やトレーサビリティー(生産流通履歴)を明確にする取り組みへの支援などを国に要望。停止の間、熊本産の表示で出回るアサリは偽装の疑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン