/

この記事は会員限定です

「気候変動で4000万人死亡」

国連予測、2100年までに

[有料会員限定]

国連開発計画(UNDP)は8日に発表した報告書で、気候変動に関連し2100年までに途上国を中心に累計4000万人が死亡する恐れがあるとの予測を明らかにした。シュタイナー総裁は日本経済新聞とのインタビューで「どの国も十分な速さで対応できていない」と述べ、国際社会が連携して気候変動対策を強化する必要性を訴えた。

報告書は「人間の安全保障」をテーマに社会が直面する課題を分析した。人間の安全保障は国家の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません