/

この記事は会員限定です

コロナ禍 経営支援に集中 名古屋銀 藤原頭取に聞く

統合・合併と距離/企業の脱炭素橋渡し

[有料会員限定]

愛知県を地盤とする愛知銀行中京銀行が経営統合を決めた。2行と競合する名古屋銀行はどう動くのか。藤原一朗頭取はこのほど日本経済新聞の取材に「新型コロナウイルスで打撃を受けた取引先の支援に集中したい」と述べ、経営統合や合併とは距離を置く考えを示した。

――企業の資金繰りをどう見ていますか。

「ゼロゼロ融資(新型コロナ禍の経済対策として民間金融機関にも取り入れられた実質無利子・無担保融資)は、元本の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン