/

この記事は会員限定です

経団連 多様性が課題に

次期副会長5人に女性登用せず 小路氏らの内定発表

[有料会員限定]

経団連は7日、次期副会長にアサヒグループホールディングス(GHD)の小路明善会長(70)ら5人を内定したと発表した。新たな女性経営者の登用は見送られ、次期候補は全員が大企業生え抜きの男性経営者となった。人材の多様性確保は大きな課題となる。

小路氏のほか、東京海上ホールディングス(HD)の永野毅会長(69)、NECの遠藤信博会長(68)、旭化成の小堀秀毅社長(67)、野村HDの永井浩二会長(63)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン