/

この記事は会員限定です

つらい作業、スーツで支援

東京理科大教授 小林宏氏

[有料会員限定]

人のつらい作業を楽にしてくれるアシストスーツが普及し始めた。東京理科大学の小林宏教授は20年以上この分野を研究。ゴムなどでできた「人工筋肉」を使う独自構造を武器に起業し、市場開拓や技術改良に挑んでいる。原点は「社会の役に立つ」との思いだ。

重いものを運ぶ現場作業員や高齢者を助ける介護士、収穫作業にいそしむ農家――。共通するのは中腰になる機会が多く腰を痛めやすい悩みを抱えていることだ。小林教授が開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン