/

この記事は会員限定です

五輪、日本企業はPR抑制

国内の関連CM、4日時点でゼロ 中国勢は商戦に積極利用

[有料会員限定]

4日に開幕した北京五輪を巡り、スポンサーなどを担う日本企業がPR活動に苦慮している。欧米を中心に中国の人権問題への批判が高まるなか、政治への配慮から積極的な宣伝活動を控えている。消費のムードにも現れ始めた。一方、中国企業は自社製品を宣伝し、五輪商戦が熱を帯びている。

最高位「ワールドワイドオリンピックパートナー」の日本企業は3社。トヨタ自動車は車両2000台超、ブリヂストンは冬用タイヤなど約1万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン