/

この記事は会員限定です

コンドル、メスだけでヒナ

オスなしで子孫、繁栄には不利

[有料会員限定]

飼育中のカリフォルニアコンドルの卵からヒナがかえった。しばらくたった2021年秋、ニュースが世界を駆け巡った。ヒナは若くしてこの世を去り、死後に保管していた遺伝子を調べると父親はおらず、メスだけで子供が生まれていた。新事実は、繁殖にはペアが必要と考えてきた私たちの既成概念を揺るがす。

最も驚いたのは、飼育していた米サンディエゴ動物園野生動物同盟の関係者だろう。オリバー・ライダー博士は「繁殖能力の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン