21日解散 増税延期 首相が表明
消費税10%、17年4月 「再延期せず」
アベノミクス判断仰ぐ

2014/11/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相は18日夜、首相官邸で記者会見し、21日に衆院を解散すると表明した。2015年10月に予定していた消費税(総合2面きょうのことば)の税率10%への引き上げは1年半先送りする考えを示した。再延期はせず17年4月に増税を必ず実施する方針も明言した。衆院選では「成長戦略を前に進めるべきか国民の皆さんの判断を仰ぐ」と述べ、アベノミクスの是非を問う考えを示した。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]