/

この記事は会員限定です

仕組み債、実質手数料 高く

利回り、リスクに見合わず

[有料会員限定]

通常の債券より金利が高めの「仕組み債」。株価指数リンク債や他社株転換社債(EB債)などが知られる。2回シリーズの前回は、株価指数など仕組み債ごとに決めている指標が一定以下に下落すると、償還時に元本が大きく減額される可能性を紹介した。

仕組み債の販売が特に増えているのは地方銀行だ。地方経済の停滞で収益環境が悪化する中で、売れば大きな収益になる仕組み債の販売に頼る傾向がある。個人投資家による株や投資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン