/

この記事は会員限定です

「誰が休んでも大丈夫」に

パパの育休元年、組織も変わる

[有料会員限定]

育児・介護休業法の改正に伴い4月以降、男性の育休取得が企業に強く求められるようになる。休業中の社員の業務を誰が担うか。今後は介護や自身の病気などで休む人も増えることが予想される。これを機に、誰が休んでも業務が滞りなく進むような仕組み作りが必要になる。

不動産投資会社のファンタステクノロジー(東京・渋谷)では昨年、シニアリーダーの尾平泰崇さんが約1カ月の育休を取得した。社内の連絡チャット「スラック...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1619文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン