/

この記事は会員限定です

発熱外来、非公表3割 報酬加算も医療動かず

受診集中・遅れ招く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスへの感染が疑われる人を診察する「発熱外来(総合2面きょうのことば)」に指定される約3万5000の医療機関のうち、約3割が自治体のホームページ上で名前を公表していない。コロナ感染のリスクがあり、診察や検査を早急に受ける必要がある発熱患者が医療機関に十分にアクセスできない事態が生じている。コロナ対応が3年目を迎えてもなお不備の残る医療体制の立て直しが急務だ。

発熱外来を担う医療機関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン