/

この記事は会員限定です

(ふるさと納税 わがまちの逸品)軽井沢彫のスピーカー

長野県軽井沢町 別荘家具の残響 桜が彩る

[有料会員限定]

日本を代表する別荘地、長野県軽井沢町で育まれてきた伝統工芸が別荘家具への彫刻をルーツとする「軽井沢彫」だ。同町のふるさと納税では、丁寧な手仕事で美しい桜の彫刻を施した高級ネットワークスピーカーを取り扱っている。

軽井沢彫が誕生したのは130年ほど前。外国人宣教師や外交官の求めに応じ、別荘で使う椅子やテーブルなどの洋式家具に彫刻を施したのが始まりだ。当初は様々な絵柄が彫られていたというが、異国情緒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン