/

この記事は会員限定です

世界の感染、ピーク越えか 直近5%減

欧州、コロナと共生模索

[有料会員限定]

【ロンドン=佐竹実、ニューヨーク=山内菜穂子】世界の新型コロナウイルスの感染者数が減少に転じている。変異型「オミクロン型」が1月にかけて急拡大したが、直近の新規感染者はピークから5%減った。欧州では重症者が抑えられていることから、行動規制を解除しコロナとの共生を模索する動きが相次ぐ。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、1日時点の世界の新規感染者数(7日移動平均)は325万4千人と、直近のピ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン