/

この記事は会員限定です

中古ロッカー2割高 「フリーアドレス」で需要

SDGs、「新品信仰」弱める

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下での在宅勤務やテレワークの浸透でオフィス家具の需要にばらつきが出ている。出社が不定期になったためパソコンや書類を保管する個人ロッカーの需要が高まり、中古ロッカーの販売価格は2年で2割上昇した。一方、会議室用のテーブルは需要が鈍い。オフィスのニューノーマル(新常態)に向けた道のりを中古品が先導し始めた。

「書類を収納するロッカーを探しに来た。中古品でもいい物が手に入りそうだ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン