/

この記事は会員限定です

大宮駅周辺の自然 まちづくりに活用

官民連携で枠組み設立

[有料会員限定]

埼玉りそな銀行と武蔵野銀行、さいたま市などは、大宮駅周辺の自然環境をまちづくりに活用するため、「大宮駅周辺グリーンインフラ公民連携プラットフォーム」を立ち上げた。氷川参道や見沼田んぼなど近隣の自然を生かし、暮らしやすい環境づくりを進める。

グリーンインフラは、緑地や遊水池など自然環境が持つ機能を活用して減災...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り155文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン