/

(医療・介護 最前線) ホスピス、調剤業務を内製化

ミアヘルサ、収益高め設備投資

[有料会員限定]

介護施設などを運営するミアヘルサホールディングスが、終末期医療を受ける患者をケアするホスピス施設を展開している。調剤薬局を持つ利点を生かし、麻酔薬や点滴も自社で用意するなど課題となっている収益性を高めた。新たな施設では、センサー機器などの設備投資を厚くし、介護の作業効率を改善した。患者に向き合う時間を増やし、細やかなサービスの提供に取り組んでいる。

2021年9月、川崎市にホスピス対応の新たな有...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン