/

この記事は会員限定です

セブン流再生、不発

そごう・西武を売却へ 百貨店業界、淘汰の予兆

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスが傘下の百貨店事業会社、そごう・西武を売却する方向で最終調整に入った。百貨店を買収することで顧客基盤を広げたかったが、国内最強の商品開発力を誇るセブンでも持て余した。百貨店は世界的に縮小する流れにある。今回の売却の動きは、国内でも大都市部の有力店舗だけが生き残れる厳しい百貨店の近未来を象徴している。

鈴木会長の自信

百貨店の競争は、店舗が立地する地域で最も売上高が高く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン