/

この記事は会員限定です

(識者の見方)直接的表現回避、中国の反発緩和 松田康博・東大教授

[有料会員限定]

決議は「中国」と明記せず「人権侵害」という言葉も使わなかった。直接的な表現を避けた日本らしい内容となった。北京冬季五輪を控えたタイミングで中国国内の反応は過熱しにくいだろう。

表題に「新疆ウイグル」とあり、中国を批判しているというのは自明だ。対中で足並みをそろえたい米国などは日本が仲間に加わったと考え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り152文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン