/

(D2C新世界) 「混む」ECよりリアル店舗

競争激化で戦略変化 ブランド認知、両輪で

[有料会員限定]

消費者と直接つながるD2C(ダイレクト・ツー・コンシューマー)ブランドの成長戦略が変わりつつある。従来はデジタル広告と電子商取引(EC)が主流だったが、最近はブランド立ち上げ直後から実店舗を活用するケースが目立つ。D2Cブランドが乱立しネットが「混む」状況下で、OMO(オンラインとオフラインの融合)の重要性が高まっている。

2021年11月、東京・渋谷にチーズとワインの専門店がオープンした。カウ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン