/

この記事は会員限定です

電波割り当て、第三者審査

5G普及で逼迫 競争促し効率利用

[有料会員限定]

総務省は高速通信規格「5G」の普及で逼迫する電波の解消に向け、2022年内にも運用を見直す方針だ。電波割り当てを巡り第三者機関を新設する。特定の周波数帯を利用したいと名のりを上げた複数社から1社を選ぶための評価を担う。外部によるチェック機能を高め、楽天モバイルのような新規参入者を念頭に企業間の公正な競争促進につなげる。

今国会に電波法(総合2面きょうのことば)の改正案を提出し、成立を目指す。早け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン