/

この記事は会員限定です

米利上げ・ウクライナで波乱の1月 投資家、一転リスク回避

世界株6%下落、原油などに資金

[有料会員限定]

世界の金融市場で投資家がリスク回避に動いている。物価高に直面する米連邦準備理事会(FRB)は3月にも利上げに動く公算で、金融緩和が支えてきた構図は転機を迎えた。ウクライナ情勢も加わり、投資家の心理は悪化。年明け1カ月間でみると、ハイテク株や低格付け債の下落が目立つ。緩和マネーが押し上げた市場の風景は変わり、一段と不安定さを増している。

2022年に入って下げが著しいのは、ハイテク株比率の高い米ナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン