/

この記事は会員限定です

クラスター懸念で早め休校 10代以下感染、1週間で2.4倍

感染者ゼロで実施も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、小中高校で休校や学級閉鎖が広がってきた。拡大スピードが速く子どもにもうつりやすい変異ウイルス「オミクロン型」を考慮し、従来よりも早めに休校の判断をする地域も出ており、文部科学省も休校実態の調査に乗り出した。学びを止めないため、オンライン学習に迅速に移行できる体制づくりが一段と求められる。

厚生労働省によると、25日までの1週間に確認された10代以下の新規感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン