/

この記事は会員限定です

女性活躍、実効性高めるには 成果の開示を促せ

ジェンダー・国際協力専門家 大崎麻子氏

[有料会員限定]

企業の女性活躍への取り組みが停滞している。これまでも国は公共調達の優遇制度などを設け、企業の女性活躍推進の実績底上げや情報開示を促してきた。だが成果は十分とは言いがたい。ジェンダー・国際協力専門家の大崎麻子氏に実効性を高める政策誘導のあり方を聞いた。

――現在、日本のジェンダー平等の立ち位置は。

「男女平等の度合いをランキングにした世界経済フォーラムの『ジェンダーギャップ指数』の順位は低迷してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン