/

この記事は会員限定です

米利上げ、試される耐性

低格付け債利回り、前回は20%超/米住宅は金利1%上昇で5%下落

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)の利上げは、新型コロナウイルス禍からの回復途上にある世界景気を圧迫する要因になる。大幅に膨らんだ企業債務を直撃し、活況だった住宅投資にも強い逆風だ。新興国の資金流出リスクの高まりも懸念され、世界経済は耐久力を試される。(1面参照

金融引き締めに脆弱な分野の一つが高水準の企業債務だ。米証券業金融市場協会(SIFMA)によると、米国企業の社債発行残高は2021年9月末時点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン