/

この記事は会員限定です

(全日本卓球)張本智・早田組が初優勝 混合複

苦しい展開を耐えきる

[有料会員限定]

卓球の全日本選手権第4日は27日、東京体育館で行われ、混合ダブルス決勝で張本智和(木下グループ)早田ひな(日本生命)組が吉村真晴(愛知ダイハツ)鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)組を3-1で退けて初優勝した。ジュニアの部のシングルス決勝は、男子の吉山僚一(愛知・愛工大名電高)が14歳の松島輝空(神奈川・星槎中)を3-0で下して2大会ぶり2度目の優勝。女子は木原美悠(エリートアカデミー)が、張本智の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン