/

この記事は会員限定です

フィギュア4回転、匠の刃 金属塊削り出し耐久性

名古屋の山一ハガネ、北京五輪で宇野選手ら支える

[有料会員限定]

北京五輪でメダル獲得に期待がかかるフィギュアスケート。スケート靴のブレード(刃)は演技の巧拙を左右するが、衝撃を受けて変形しやすい。その難点を解決しようと立ち上がったのが名古屋の特殊鋼加工を手がける企業だ。手がけるブレードは今大会の日本代表のスケート靴にも採用された。日本のものづくりの匠(たくみ)の技が足元から選手らを支える。

「五輪選手に使ってもらえるなんて感慨深い」。名古屋市の特殊鋼卸や加工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン