/

この記事は会員限定です

事業継続へ企業奔走 オミクロン拡大、計画見直し8割

本社調査 住友電工・キリンHD、欠勤5割視野/日本精工は取引先に人員

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大を受け、企業が事業継続へ奔走している。従業員や取引先で感染者が急増し、工場停止などが相次いでいるためだ。キリンホールディングス住友電気工業は従業員の半数が欠勤しても事業に支障が出ない運営体制とする。コロナ感染者は今後も増える見通しで、運営体制の機動的な見直しが必要だ。(1面参照、調査の回答企業ビジネス2面

企業は災害やシステム障害などが起...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン