/

この記事は会員限定です

〈春季交渉22〉経団連「賃上げ取り組む」

連合「月例賃金こだわる」 労使トップ懇談

[有料会員限定]

経団連の十倉雅和会長(住友化学会長)と連合の芳野友子会長は26日、都内で懇談し、2022年の春季労使交渉について意見交換した。十倉氏は「賃上げと総合的な処遇改善に取り組む」と述べ、芳野氏は「月例賃金にこだわり、格差是正を図る必要がある」と応じた。

3月中旬の集中回答日に向け、賃金や働き方改革の方向性を巡る労使の議論が加速する。

22年交渉は、物価上昇率の高まりや景気減速への警戒感を背景に、2%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン