/

この記事は会員限定です

トンガ噴火、漁業が10県で津波被害

宮城、養殖ワカメに傷/鹿児島、ブリ稚魚大量死

[有料会員限定]

トンガ沖の大規模噴火に伴い、16日未明に国内各地で本格的な津波が到着してから10日が過ぎた。太平洋沿岸では養殖施設の損壊や魚の大量死、船の沈没といった漁業被害が相次ぎ判明。関係者は復旧を急ぐが、打撃は大きく、支援を求める声も上がる。

水産庁によると今回の津波により10県で漁業被害が発生した。同庁は各県から情報を収集し被害額を調査している。

東日本大震災の被災地、岩手県では陸前高田、大船渡、宮古の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン