/

この記事は会員限定です

建設現場、週休2日どこまで?

進展乏しく、DXで挽回 鹿島社長 天野裕正氏

[有料会員限定]

建設業界で労働基準法の残業上限規制が2024年4月から適用され、長時間労働が難しくなる。大手ゼネコンでは週休2日の導入など勤務体系の見直しに加え、人手不足にそなえるために女性活用や省人化につながるロボット施工などは急務だ。働き方改革はどこまで進んだか。鹿島の天野裕正社長に聞いた。

――建設現場で週休2日はどこまで進みましたか。

「日本建設業連合会(日建連)では(2021年度までに)4週8閉所と呼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン