/

この記事は会員限定です

創業者マネー新興企業へ

資産管理会社、産業育成へ投資 任天堂一族は500億円運用

[有料会員限定]

資産家一族の資産管理や運用を担うファミリーオフィスがスタートアップ企業の投資に力を入れている。従来は伝統的な株式や債券の分散投資が主流だったが、巨万の富を得たIT(情報技術)企業の創業者らがヘルスケアやフィンテックの産業育成に資金を投じる傾向が強まる。国内では任天堂の創業家も自前運用を始め、約500億円をスタートアップに投じる考えだ。

ファミリーオフィスは莫大な財を成した人が資産を後の世代に継承...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン