/

この記事は会員限定です

ウクライナ侵攻なら「代償」

独仏首脳会談、ロシアをけん制 28日に仏ロ首脳協議

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】フランスのマクロン大統領は25日、ベルリンでドイツのショルツ首相と会談した。終了後の共同記者会見でマクロン氏は、ロシアがウクライナの再侵攻に踏み切れば「高い代償を払うことになる」と強くけん制した。一方で外交での解決を強調し、マクロン氏がロシアのプーチン大統領と28日に電話協議する意向を明らかにした。(関連記事総合面に

記者会見でマクロン氏は「侵攻があった場合、対抗措置が待って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン