/

この記事は会員限定です

(社説)重点措置地域を拡大、政府は説明尽くせ

[有料会員限定]

政府は新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置を、34都道府県に広げる。感染の急拡大に検査や診療が追いつかず、対策の優先順位も見えにくい。政府は重点措置で何をめざすのか、明確に説明すべきだ。

重点措置によって知事は飲食店の時短営業や、酒類提供の制限を要請できる。ただ、先行して対象となっている都県でどの程度の効果が出ているのかは不明だ。

保健所や医療現場では業務がパンクし始めている。厚生労働省...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン