/

この記事は会員限定です

世界市場、35年に26兆円

車載電池

[有料会員限定]

▽…モーターで駆動する電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などに搭載する電池。ニッケル水素電池などと比べ、同じ重さや体積でより多くの電気を蓄えられるリチウムイオン電池が主流だ。電極やセパレーター、電解液が主要部材で、正極と負極の間をリチウムイオンが行き来して充放電する。

▽…富士経済によると、車載電池の世界市場は2035年に約26兆円と20年の8.5倍に増える見通しだ。日本はパナソニック

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン