/

この記事は会員限定です

巣ごもり消費再び POSデータ、即席食品1割増

感染拡大、自宅療養に備え

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大にあわせ、巣ごもり消費が再び伸びてきた。全国のスーパーの販売情報を集める日経POS情報によると、即席食品やトイレットペーパーの売れ行きは1年前と比べ約10%増えた。自宅療養への警戒から賞味期限の長い食品に加え、額に貼る冷却シートの購入も増えている。

日経POSで1月10~16日の来店客1000人あたりの購入金額を集計した。この期間はコロナの感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り401文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン