/

この記事は会員限定です

京都府が22年度予算案、コロナ対応に重点

[有料会員限定]

京都府は24日、2022年度予算案の概要を発表した。21年度の2月補正を組み込み編成し、一般会計は同じ14カ月予算だった21年度比で1.3%減の1兆848億円で、4月に知事選を控えた骨格予算とした。新型コロナウイルス対策を中心に据え、子育て環境の充実や文化庁移転の関連費用などを盛り込んだ。記者会見した西脇隆俊知事は「第一にコロナ対策。切れ目なく対応できるようにした」と述べた。

コロナ対策では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン