/

この記事は会員限定です

検査キット在庫急減 東京や大阪、行政検査停滞

診断・治療遅れる恐れ 準備不足が露呈

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染急拡大により感染の有無を調べる抗原検査キットの在庫が急減し、足元では自治体や医療機関での検査が停滞する事態が起きている。政府はコロナの変異型「オミクロン型」に対し、幅広い検査で感染拡大を抑制する方針だった。肝心のキットが足りず、診断や治療の遅れのほか、感染拡大の抑制と社会経済活動の両立にも支障を来しかねない。

政府関係者によると、19日ごろに計600万回分あるとしていたメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン