/

この記事は会員限定です

(大相撲)御嶽海V、大関確実に 初場所千秋楽

照ノ富士破り3度目賜杯 昇進も逃さず一気

[有料会員限定]

関脇御嶽海が結びの一番で横綱照ノ富士を寄り切り、13勝2敗で2019年秋場所以来13場所ぶり3度目の優勝を決めた。場所後の大関昇進は確実。関脇以下で3度の制覇は昨年春場所の照ノ富士以来2人目。

照ノ富士は11勝4敗に終わり、1919年夏場所の栃木山以来103年ぶりとなる新横綱場所からの3連覇を逃した。

来場所のかど番が決まっている大関正代は千代翔馬を小手投げで下して6勝9敗。関脇隆の勝は7勝8敗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン