/

この記事は会員限定です

日米首脳協議、台湾・ウクライナ危機が試す結束

対中国・ロシア

[有料会員限定]

岸田文雄首相とバイデン米大統領による21日の初の本格的な首脳協議はウクライナ情勢の緊迫を受け、ロシアへの対応にも時間を割く展開となった。対中国シフトを進めたい米国は二正面作戦を迫られつつある。中国への対処が手薄になりかねず、台湾やウクライナを巡る危機は日米同盟の結束を試している。(関連記事総合1総合3面に

両首脳はオンラインで80分ほど話した。バイデン氏は冒頭で30分近く中国に時間を割いた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン