/

この記事は会員限定です

「空飛ぶ車」瀬戸内海で舞う

岡山の団体、コメ載せ試験 離島などで活用視野に

[有料会員限定]

岡山県倉敷市の企業などでつくる団体が人やモノを乗せて空を移動する「空飛ぶ車」を瀬戸内海周辺の離島や中山間地域で活用しようと、無人での試験飛行を重ねている。物資の運搬や傷病者、観光客の輸送を想定しており、担当者は「環境が整い次第、有人飛行にも取り組み、地域を空飛ぶ車利用の先進地にしたい」と意気込む。

団体は水島コンビナートの企業が持つものづくりの技術を生かし、新事業に挑戦する「一般社団法人MASC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン